スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマの言葉2

IMG_0016.jpg
姫路にゲストハウスを

造ろう企画なんですが、

荷物を整理してたら

昔、使ってたメモ帳が出てきたので、

調子こいて「俺は昔チベットにいた」第二弾ですね。

上の写真はガンジーの遺灰が

まかれたマヌサロワ湖を

見てたそがれている筆者(ジャイアン)ですね。

「自由に生きるということは、普遍的な愛情と責任感を持つということで到達できるものだと思います。

 もしそうした感覚に欠けているならば、誰も気にとめないでしょう。

 つまり、私たちが自由に生きるためには愛情を基盤にした決意と決断力がまず必要なのです。」
IMG_0011.jpg
チベットのヤクという

高地に生きる生き物で

チベットでは、角、骨、肉

全てが有効活用されます。

糞でさえ、燃やして暖をとるのに使えます。

「他人を大事にする心を育てるにはまず、自分自身の欠点を認め、他人の良さを認めることが必要です。

 他人も自分を愛せたら幸せです。家族であれ、国家であれ他人を愛する事が、私たちの社会の基本なのです。」

「私の真実の宗教とは、優しさです。生きている限り、学問をしていようといまいと、

 来世を信じようと信じまいと、仏陀、禅を信じようと信じまいと、優しい人になることです。

 そのためには、どんな仕事であろうとプロフェッショナルとなるような仕事をすることです。

 そうするうちに、心の底から優しい人になります。これは日常生活の中で大事な事です。」
IMG_0001.jpg
これはねぇ。

写真でアップして大丈夫か?

チベットの聖地カイラスで

この山を拝みながら

3日かけてまわるんですよ。

半分死んでました。

一緒に登ったtakaya君とは

未だに繋がっています。

「人々はいつも平穏な精神状態でいるとは限りません。興奮や放縦の状態になった時、

 それらに打ち勝つためには真実を見る目を養っておく事です。」

「私は最近、どんな人にも悟りを得ることができると考えるようになりました。

 それは『出会い』によって可能です。出会いを生かしきる心と行動が『悟り』への道なのです」

皆さん、出会いを大切にしましょう。

好評なら

調子こいて第三段あるかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

キャプテンオブザシップ!

Re: タイトルなし

いずれ会おう。

友よ!!

Re: No title

YO SORO!!

お前が舵をとれ~い!!
プロフィール

ジャイアン?

Author:ジャイアン?
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。