ダライ・ラマの言葉 4

姫路よりゲストハウス縁楽堂です!!

今回宿とは関係ない話?




IMG_0071.jpg
これタルチョン。

昔、っても6年前か?

チベットって国に1ヶ月以上いたことがあったんだけど、

そん時、カイラスっていうホーリーな山の周りを

3日かけて巡礼したんだけど、

そん時の写真。
IMG_0069.jpg
そん時はその後、

インドに行くことになるんだが、

その時、宿の壁に書いてあった言葉!!

縁楽堂にも貼ってあるんで知ってる人は

知ってるんだけど、

ちと

ご紹介!!


21世紀を生きるためのメッセージ ~ダライ・ラマ~


1. 大いなる愛と大いなる目標の達成には、大いなる危険が伴うことを忘れてはならない

2. 失敗をしたときは失敗から学びなさい

3. 三つの法則に従いなさい
 1)自分を尊重しなさい
 2)他の人を尊重しなさい
 3)あなたの行動全てに責任をもちなさい

4. 自分の欲しいものが手に入らないということは、素晴らしい幸運の場合もあることを忘れてはならない

5. 決まりについて学びなさい。そうすれば決まりを破る方法を見出せるだろう

6. ちょっとした意見の食い違いで、友情を傷つけてはならない

7. 間違いを犯したことに気づいたら、すぐに正しいやり方でやりなおしなさい

8. 1日1回、自分1人で過ごす時間を持ちなさい

9. 自分を変えることを恐れてはならない。が、自分自身の価値を見失ってはならない

10. 時には沈黙が最上の答えの場合もあることを忘れてはならない

11. よい人生、誇りある人生を歩みなさい。そうすれば振り返った時、人生をもう一度楽しむことができる

12. 温かく愛に満ちた家庭は人生の基盤である

13. 愛する人と仲違いに陥った時は決して過去を持ち出してはならない。今、ここでの問題解決に努めなさい

14. 智慧を分かち合いなさい。そうすれば不死の世界を見出すことができるだろう

15. 地球にやさしい生き方を選びなさい

16. 一年に一回、これまで訪れたことの無い所を訪ねなさい

17. 最高の人間関係とは、あなたが人に期待するよりも、その人への愛の大きさが勝る時に実現するものだということを忘れてはならない

18. 成功とは達成する為に諦めたこと、失ったものによって評価するものである

19. 愛することと料理にはわき目を振らない情熱を持って臨みなさい

By His Holiness The DALAI LAMA


チベット好きは

縁楽堂に来て、

どこに貼ってあるか

探してみよう!!
IMG_3738.jpg


縁楽堂
info@engakudou.com
090-9717-6763
スポンサーサイト

ダライ・ラマの言葉 3

姫路の安宿「ゲストハウス縁楽堂」の

ジャイアンと言います。

今回は番外編。

ウチの宿の談話室には「ダライ・ラマの21世紀を生きるためのメッセージ」

なるものが貼られている。
IMG_1115.jpg
最近、聞かれる事が多くなってきたので、

「昔、俺はチベットにいた」第三段。

昔にメモってたダライ・ラマの言葉を紹介。

まずは、

「他人の何千もの欠点に目をつけるより、

 自分の唯一の欠点に気付くほうがよほど役に立ちます。

 自分の欠点なら、

 私たちは自信を持って修正できる立場にあるからです。」
IMG_0025.jpg
西のグゲ遺跡にて。(ジャイアン)

昔はここに人が住んでたりしたんだろうな。


「自分のことしか考えない人は、

 苦しみのうちに人生を終えます。

 他人の事しか面倒を見ない人は、

 考えなくても自分の面倒も見ています。」
IMG_0003.jpg
食事中の人はすんません。

チベットのストーブ。

ヤクって動物のフンを燃やす。

田舎に行くと電気もシャワーもありません。

「あなたたちの世代の日本人は忙しすぎやしませんか?

 忙しすぎて自然が何かも知らないのではないですか?ハハハハハ。」
IMG_0070.jpg
聖地カイラス

標高7000Mで犬を見た時は愕然としたな~。

「私は、一六歳で自由を失いました。

 二十四歳で、国を失いました。

 この四十年、私は亡命者の身です。

 そして重い責任を担っています。

 振り返ると私の人生は楽ではありませんでした。

 しかし、私はその年月の間に、

 あわれみや他人への思いやりを学びました。」
IMG_0001.jpg
聖地 カイラスは

いつまでも美しい!!

「地球上にこれだけたくさん人がいるのに、

 一人ひとりは自分しかみません。

 食べるのにも、着るのにも、

 社会における地位を得るのにも、有名になるのにも、

 他人に依存しているのに、

 これだけ緊密に関わりのある人を敵と見なします。

 これは驚くべき矛盾ではありませんか?」


チベット人達はすごく優しく接してくれた。

何故だい?

っと訪ねると

同じ仏教の国じゃないか。

と、言って笑っていた。

「常識的に考えて、人生は短いですし、

 この短い地球上での滞在を、

 自分にとっても他人にとっても

 有意義にした方がいいでしょう」

いつかまた

チベットを訪れる日が来る事を願いつつ!!


第四段はあるかな?


忘れた頃に書くかもしれない……。


縁楽堂
info@engakudou.com
079-260-7373
 

 

ダライ・ラマの言葉2

IMG_0016.jpg
姫路にゲストハウスを

造ろう企画なんですが、

荷物を整理してたら

昔、使ってたメモ帳が出てきたので、

調子こいて「俺は昔チベットにいた」第二弾ですね。

上の写真はガンジーの遺灰が

まかれたマヌサロワ湖を

見てたそがれている筆者(ジャイアン)ですね。

「自由に生きるということは、普遍的な愛情と責任感を持つということで到達できるものだと思います。

 もしそうした感覚に欠けているならば、誰も気にとめないでしょう。

 つまり、私たちが自由に生きるためには愛情を基盤にした決意と決断力がまず必要なのです。」
IMG_0011.jpg
チベットのヤクという

高地に生きる生き物で

チベットでは、角、骨、肉

全てが有効活用されます。

糞でさえ、燃やして暖をとるのに使えます。

「他人を大事にする心を育てるにはまず、自分自身の欠点を認め、他人の良さを認めることが必要です。

 他人も自分を愛せたら幸せです。家族であれ、国家であれ他人を愛する事が、私たちの社会の基本なのです。」

「私の真実の宗教とは、優しさです。生きている限り、学問をしていようといまいと、

 来世を信じようと信じまいと、仏陀、禅を信じようと信じまいと、優しい人になることです。

 そのためには、どんな仕事であろうとプロフェッショナルとなるような仕事をすることです。

 そうするうちに、心の底から優しい人になります。これは日常生活の中で大事な事です。」
IMG_0001.jpg
これはねぇ。

写真でアップして大丈夫か?

チベットの聖地カイラスで

この山を拝みながら

3日かけてまわるんですよ。

半分死んでました。

一緒に登ったtakaya君とは

未だに繋がっています。

「人々はいつも平穏な精神状態でいるとは限りません。興奮や放縦の状態になった時、

 それらに打ち勝つためには真実を見る目を養っておく事です。」

「私は最近、どんな人にも悟りを得ることができると考えるようになりました。

 それは『出会い』によって可能です。出会いを生かしきる心と行動が『悟り』への道なのです」

皆さん、出会いを大切にしましょう。

好評なら

調子こいて第三段あるかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。
プロフィール

ジャイアン?

Author:ジャイアン?
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR